周辺観光施設

sightseeing

海を中心に、色々な施設を楽しめる。

観光マップ

観光マップ

各施設のご紹介

おすすめ施設・スポット

CCZ

CCZ

〒935-8086
富山県氷見市小境1
TEL:0766-74-8106
(氷見市観光・マーケティング・おもてなしブランド課)

海辺のふれあいゾーンとして整備された人工海岸。白い砂浜が長く半円形に伸び、周辺は公園化され、正面には立山連峰を望むことができます。ドライブの休憩場所として、夏場は海水浴場として賑わいを見せます。

引用元:CCZ HP|
http://www.nt-seaside.net/kanko/contents/himi/ccz.html

詳しい情報はこちら

あいやまガーデン

あいやまガーデン

〒935-0006
富山県氷見市稲積字大谷内112-1
TEL:0766-72-4187
FAX:0766-72-4192

自然の植物がそれぞれのリズムで育つように、この庭園も100年という時間をかけてゆっくり花を咲かせます。“フォレストフローラル 氷見あいやまガーデ ン”は、美しい自然のなかに広がる花と緑の“100年ガーデン”。四季おりおりに変わる花々、一年一年ゆたかさを増すたたずまい。さぁ、訪れるたびに新し い「氷見あいやまガーデン」で、花と緑に包まれた最高の休日をお過ごしください。

引用元:あいやまガーデンHP|http://www.himiaiyama.jp/

詳しい情報はこちら

獅子舞ミュージアム

獅子舞ミュージアム

〒935-0065
富山県氷見市泉760番地
TEL:0766-72-2454
FAX:0766-72-2454

ひみ獅子舞ミュージアム(ミュージアム=博物館)は、氷見の代表的な伝統芸能である、「獅子舞」の展示・実演・体験を通して、担い手不足で獅子舞が途絶えている地域への手助けや、後世へ文化を伝える活動をしています。

引用元:氷見市獅子舞ミュージアムHP|
http://www.city.himi.toyama.jp/hp/menu000002800/hpg000002738.htm

詳しい情報はこちら

ひみ番屋街

ひみ番屋街

〒935-0004
富山県氷見市北大町25-5
TEL:0766-72-3400
FAX:0766-72-3404

氷見漁港直送のお魚を使った回転寿司、氷見うどん、氷見牛、氷見カレーなど、地元でしか味わえないさまざまな料理が味わえる飲食店のほか、地場で獲れた新 鮮な鮮魚から、手の込んだ加工食品に至るまで、富山湾の海の幸を満喫できる店舗がずらりと並びます。また、キャラクターものや食のおみやげも多数取り揃え ています。潮風と番屋の雰囲気に浸りながら、「氷見」を心ゆくまで体感してください。

引用元:ひみ番屋街HP|http://himi-banya.jp/

詳しい情報はこちら

魚魚座

魚魚座

〒935-0011 
氷見市中央町7番1号
TEL:0766-74-8018
FAX:0766-72-1350

魚々座の館内に広がるのは、誰もがワクワクするワンダーランド的空間。
誰かと話がしたくなる、漁師さんと一緒にお酒を楽しみたくなる、そんな交流空間です。

引用元:魚魚座HP|http://himi-totoza.com/

詳しい情報はこちら

潮風ギャラリー

潮風ギャラリー

〒935-0011
富山県氷見市中央町3-4
TEL:0766-72-4800
FAX:0766-30-2100

氷見市では、まちなかの賑わい創出拠点として、空き店舗となっていた旧北陸銀行氷見北支店を改装し平成19年10月に「氷見市潮風ギャラリー」としてオープンさせました。
現在、氷見市出身の漫画界の巨匠、藤子不二雄?先生のまんが展を開催しています。

引用元:氷見市 潮風ギャラリーHP|
http://www.city.himi.toyama.jp/hp/page000003500/hpg000003425.htm

詳しい情報はこちら

十二町潟水郷公園

十二町潟水郷公園

〒935-0051
富山県氷見市十二町

十二町潟水郷公園は、万葉歌人 大伴家持が舟を浮かべ詠歌したと云われる「布勢の水海」の姿を今にとどめた、貴重な歴史性と自然資源を生かした都市公園です。
国指定の天然記念物であるオニバス発祥地や、イタセンパラ等の数々の水生植物を観察・学習することができます。
南側には、現在ではほとんど見られなくなったオニバスを育て保護するためのオニバス池があります。オニバスの花の見ごろは8月頃です。

引用元:氷見市 十二町潟水郷公園HP|
http://www.city.himi.toyama.jp/hp/page000002900/hpg000002874.htm

詳しい情報はこちら

氷見市海浜植物園

氷見市海浜植物園

〒935-0031
富山県氷見市柳田3583
TEL:0766-91-0100
FAX:0766-91-4567

氷見市海浜植物園は、日本各地の海浜植物を中心に植栽展示する植物園です。「富山県植物公園構想」の専門植物園のひとつとして、氷見市が整備いたしまし た。植物園は万葉集にも詠まれた白砂青松の地「松田江の長浜」にあります。植物園では松田江浜の海浜植物の保護育成に努めております。また、おみやげ物の 売店では、いろいろな商品をご用意して、お客様のご来園をお待ちいたしております。

引用元:氷見市海浜植物園HP|http://www.himi-kaihin.com/

詳しい情報はこちら

島尾海水浴場

島尾海水浴場

〒935-0032
富山県氷見市島尾
TEL:0766-91-0074(島尾観光協会)

島尾海水浴場は、白砂青松の島尾海岸にある県内随一の海水浴場です。
この海水浴場から海越しに望む立山連峰の素晴らしい景観に加え、水質・安全性・清潔さ・設備などの面で基準以上の評価をいただき、環境省の「快水浴場100選」として認定されました。
隣接してキャンプ場があり、夏休み企画として地引き網体験もできるなど、アウトドア派にはピッタリのスポットです。

引用元:島尾海水浴場HP|
http://www.kitokitohimi.com/tourism-guide/sea/post.html

詳しい情報はこちら

高岡大仏

高岡大仏

〒933-2139
富山県高岡市大手町11-29
TEL:0766-23-9156

高岡大仏は、富山県高岡市大手町の鳳徳山大仏寺にある、高さ約16メートルの阿弥陀如来坐像です。
町並みの中に突如現れる巨大な仏像は、背にそびえる「円光背」が特徴的な青銅製仏像で、1933年(昭和8年)に再建を果たした三代目にあたります。初 代、二代目の木造製大仏が大火で類焼した歴史から、焼失を三たび繰り返すまいとの思が込められており、大仏再建を切望する市民の寄進と情熱、「鋳物の町高 岡」が脈々と受け継いだ鋳造技術の粋が結集して造立されました。
奈良・鎌倉の大仏と並び「日本三大仏」とも称されており、高岡のシンボルでもあるその存在は、市民から「だいぶっつぁん(『大仏様』を表す呼称・高岡の方言)」と、親しみと敬意を込めて呼ばれています。

引用元:高岡大仏HP|http://www.takaokadaibutsu.xyz/

詳しい情報はこちら

金屋町

金屋町

〒933-0945
富山県高岡市金屋町

高岡築城直後の1611年(慶長16年)、高岡に隠居していた加賀前田家2代当主利長は、領内の砺波郡西部金屋から7人の鋳物師をこの地に呼び寄 せ、幅50間、長さ100間の土地を与えて鋳物場を開設させました。また、諸税や労役を免除するなど多くの特権を与えて手厚く保護したことから、この地に 鋳物産業が根付き、今日の高岡鋳物発祥の地となっています。現在は、多くの工場が郊外に移転しましたが、千本格子の家並みが大切に保存されており銅片を埋め込んだ石畳にマッチする美しいたたずまいを見せています。2012(平成24年)に、全国の鋳物師町として初めて、伝統的建造物群保存地区の指定をうけました。また、前田利長公の命日に当たる6月20日には利長公への報恩・感謝の意を込めて「御印祭(ごいんさい)」が盛大に執り行われます。特に祭りの前夜に行われる「弥栄節(やがえふ) 街流し」は、金屋町の老若男女はもとより、近隣の保育園児、小中学生や踊りの愛好家の方々などが大勢参加され、華やかで楽しい祭りとなっています。

引用元:高岡市ポータルサイト 金屋町HP|
http://www.takaoka.or.jp/viewpoint/archives/863

詳しい情報はこちら

瑞龍寺

瑞龍寺

〒933-0863
富山県高岡市関本町35
TEL:0766-22-0179
FAX: 0766-26-6978

曹洞宗高岡山瑞龍寺は加賀藩二代藩主前田利長公の菩提を弔うため三代藩主利常公によって建立された寺である。  利長公は高岡に築城し、この地で亡くなった。加賀百二十万石を譲られた義弟利常は、深くその恩を感じ、時の名工山上善右衛門嘉広をして七堂伽藍を完備 し、広山恕陽禅師をもって開山とされた。  造営は正保年間から、利長公の五十回忌の寛文三年(1663)までの約二十年の歳月を要した。当時、寺域は三万六千坪、周囲に壕をめぐらし、まさに城郭 の姿を想わせるものがあった。国の重要文化財として、指定されている建造物は、総門、山門、仏殿、法堂、明王堂(現僧堂)、回廊であり、江戸初期の禅宗寺 院建築として高く評価されている。

引用元:瑞龍寺HP|http://www.zuiryuji.jp/

詳しい情報はこちら

のとじま水族館

のとじま水族館

〒926-0216 
石川県七尾市能登島曲町15部40
TEL:0767-84-1271(代) 
FAX:0767-84-1273

ジンベエザメなど能登半島近海に回遊してくる魚を中心に約500種4万点の生きものを飼育しています。 イルカ・アシカショーをはじめ、ラッコのお食事、ペンギンのお散歩、マダイの音と光のファンタジアなどのイベントが多く、時間が経つのも忘れてしまうくら い。エサやり体験やイルカなどの生きものとのふれあいもできる参加型水族館です。

引用元:のとじま水族館HP|http://www.notoaqua.jp/

詳しい情報はこちら

能登島ガラス美術館

能登島ガラス美術館

〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
TEL:0767-84-1175
FAX:0767-84-1129

当館は1991年に開館した美術館であり、世界各国の現代ガラス作家の造形作品を中心に400点近くの作品を収蔵しています。古今東西のガラス作品を紹介する企画展を開催し、ガラスを身近に楽しめるワークショップも行っています。

引用元:能登島ガラス美術館HP|http://nanao-af.jp/glass/

詳しい情報はこちら

能登食祭市場

能登食祭市場

〒926-0041
石川県七尾市府中町員外13-1
TEL:0767-52-7071
FAX:0767-52-7072

美味と祭りの半島、能登の玄関口“七尾”。
七尾フィッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場は、
天然の良港として古くから栄えてきた能登最大の漁港・七尾港に
あります。朝どれの新鮮な海産物や能登の銘産品の販売、
四季折々の能登の祭りをはじめとした観光情報の提供、
グルメが味わえるレストランやイベント広場もあり、
能登の魅力がぎゅっと詰まった旅拠点、
それが能登食祭市場です。

引用元:能登食祭市場HP|http://www.shokusai.co.jp/

詳しい情報はこちら